と、言うワケで大使館員となったSaioh
さっそくジュノのウィンダス大使館に挨拶に行くと…

デルクフへイッテコイ(゚Д゚)

と言われ、久々にクフィムの雪を踏むコトに

これはたらい回しと言わんか?
お役所仕事っていやぁねぇ

などと思いつつも塔へ侵入

引き続きお手伝いの菊メン

キレイに並んだ樽ですが、一つだけ誤りがあります

さてそれは何?

お手数おかけします(;´Д`)ノ*

って言うかアラ組みますか

塔の中は薄暗く…

不気味な人影が…

怖くてこれ以上は近寄れませんっ(トラウマ)

ソロで様子見に来た時とは段違いに楽だなぁ

などと思いつつ上へ上へと

ウィンウィン言ってるこんなヤツを尻目に

上へ上へと

サクサク進んでやがります

ジャイアンだって

リンクしようがお構いなし(゚Д゚)

お化けだって

あっと言う間に粉砕age(゚Д゚)

そんなこんなで最上階に到達した我々は…

とりあえずジャイアン皆殺しだフォルツァ!

あっという間に片付くワナ

無事鍵もゲットです

後はこの巨大なマンホールに入って…

延々と下って大使に会えば…

って言うか、大使はこれをソロでやりましたか、そーですか…

大使ってスゴイ(゚∀゚)

でも、エロ樽の兄らしいのでそうでもないかも

と、言うワケで無事に任務を果たした我々は

朝焼けのクフィムに降り立ち解散したわけです

ランク4ヽ(゚∀゚)ノオメデトー

しかし本国に呼び戻されるSaioh
故国ウィンダスに一体何が起きたのかっ?!

続く(かも)

     

無事暗黒になりますた

背負ってるのは狂えるサイズ

 
  Copyright (C) 2002-2005 SQUARE ENIX CO.,LTD. All Rights Reserved.
当ウェブサイトに記載されている会社名・製品名・システム名などは各社の登録商標、もしくは商標です。